施術例

むちうち(むち打ち)

むち打ちになる状態は、交通事故の際に受傷する外傷性頚部症候群か頸椎捻挫を指します。
むち打ちは受傷当日には殆ど症状は出ず、次の日から一週間位の間に『首筋、背中、肩のこりや痛み、耳鳴り・頭痛・めまい・吐き気・食欲不振』などの不定愁訴の症状が出ます。
 
中には、脳脊髄液減少症という『髄液が漏れることにより発生する』病気になる方もいます。
レントゲン・MRIには問題がないため、その辛い症状を理解してもらえないことが多いです。
施術に関してWHOでは、鍼灸施術のが期待されています。後遺障害を残さないために、早めの施術が必要です。お気軽にご相談ください。
PCサイトへ