お悩み別豆知識

突発性難聴・低音性難聴・耳鳴り

ある日、突然耳が聞こえなくなる病気 『突発性難聴』・・・怖いですよね。
閉塞感や水が詰まった感じを感じてから、難聴になる人が多いようです。
 
けど、耳ぐらいと思い病院に中々行かずほっとく人もいます。が、大間違いです!!
少しでも受診が遅れると、聴力の回復が見込めなくなります。それは、耳の有毛細胞が死滅して音の電気信号を受信できなくなるからです。
 
それを、防ぐには早急に病院に行くことです。ビタミン剤や内耳リンパの循環を良くする薬、又はステロイドなどが処方されるでしょう。
 
本当の原因は、解っていません。しかし、突発性難聴の内、三分の一は、服薬で改善する。三分の一は、少し良くなる。三分の一は、変わらないに分類され、変化幅が少ないのが現状です。
 
そこで、活躍するのが鍼灸施術です!!!!
出来るだけ早く鍼灸施術を始めた方がいいでしょう!!病院に行くより先の方がイイかも知れない。改善する可能性がある三分の二を、確実に良くする為です。
 
ナゼか!? それは、鍼灸で直接耳周りに刺激出来るからです。
薬は、耳に直接触れないから・・・薬がダメではなく刺激と考えると・です。
 
突発性難聴の施術をしている、施術院は沢山あります。インターネットで検索すれば、色々な施術法で紹介されていますね。
 
どんな施術法でも、良くなればばいいのです。治ればね。現状は、様々な施術院を回ってもう症状固定(聴力が戻らない)になっている人が多いです。
 
症状固定の状態だと、聴力の回復は無理です・・・が、突発性難聴後の耳鳴りや閉塞感の変化なら可能な人もいます。
 
その方法は、突発性難聴の原因は、筋肉の緊張による血液循環不全と考え、首耳周りの血流良化と内耳神経に刺激をして神経伝達の活性化させることです。
 
低音性難聴や耳鳴りにも同じことが言えます。
 
突発性難聴になったら直ぐに、鍼灸施術を開始することが聴力回復の早道です。
PCサイトへ