お悩み別豆知識

テニス肘とは?

テニス肘とは「上腕骨外側上顆炎」と呼ばれ、手首を伸ばす筋肉を繰り返し動かすことによって、肘の外側の筋・腱の付着部に負担がかかり、痛みが発生するもので、テニスでバックハンドのインパクトのときにビリっと痛みが出ることが多く、このような呼び方をされています。
 
趣味や健康維持のために定期的にテニスを行なっている方はもちろんですが、テニスをしていなくても日常的に手首や前腕を繰り返し動かす作業で発症します。
PCサイトへ