お悩み別豆知識

AMH(抗ミュラー管ホルモン)

妊活に必要な項目 AMH
 
AMH(抗ミュラー管ホルモン)とは、原子卵胞から一次、二次へと成長し、胞状卵胞の時期に放出されるホルモンです。
 
卵巣予備能とも言われ、AMH値=卵子が残っている大よその目安になり、年齢数値より低くても高くても問題があります。
 
低値になる原因は、内膜症やチョコレート嚢胞を繰り返すことによりAMHは低下します。
 
逆に高値の場合、多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)が疑われ未熟な卵胞が多数存在します。
原因は、FSH(卵胞刺激ホルモン)がしっかり出ていないか、卵巣が硬くなり排卵出来ない状態かもしれません。
 
低値、高値共に問題がありますので、今後の治療を考える目安になるでしょう。
 
例えば、鍼灸施術を受けることでAMHの数値は、増えるのか?
答えは、NOです。
残念ながら変化はありません。
ただ、薬で排卵を止めている人は、薬を飲んでいる期間AMH数値は下がりますが、服用を止めれば本来の数値に戻ります。
 
しかし、AMHは目安ですので絶対の物ではありません。
PCサイトへ