お悩み別豆知識

妊活と抗リン脂質抗体症候群

抗リン脂質抗体症候群
 
抗リン脂質抗体症候群は、血中に抗リン脂質抗体とよばれる自己抗体をつくり動脈静脈血栓症、習慣流産などの妊娠合併症をきたす疾患です。抗リン脂質抗体症候群の約半数が全身性エリテマトーデスを合併する方もいます。基礎疾患がなくとも発症し脳梗塞や流産を繰り返す方の一つの原因としてあげられます。
 
抗リン脂質抗体症候群では、様々な部位の動脈血栓症や静脈血栓症が起こります。
動脈血栓症は、脳梗塞や一過性脳虚血発作が多くみられ、網膜動脈の血栓症による視野障害や失明が起こることもあります。
静脈血栓症は、下肢の静脈血栓症が多く、下肢の腫脹や疼痛がみられ、エコノミークラス症候群の様な下肢できた血栓が肺に飛んで肺血栓を起こすこともあります。
 
.妊娠合併症としては、習慣流産や不育症など疑われる場合、ループスアンチコアグラント、抗カルジオリピン抗体IgG,IgM、プロトロンビン、トロンボプラスチン時間など検査し陽性反応であれば、アスピリン、ワルファリン、ヘパリンなどの血栓防止薬が処方されます。
 
PCサイトへ